北アルプス燕岳&南高尾まで行ってきました!の巻

 

みなさん、こんにちは!リトルエンジェル71店長

いまくんこと「いまたろう」です。

 

ここ最近はイベント開催が連続していて、

さらに日常のお仕事や登山にも何げに忙しく、

ブログの更新が遅くなりましたが、毎日元気に過ごしています。

 

 

2018年9月後半に北アルプスの

燕岳(つばくろだけ)という山に登ってきました!

 

 

燕岳

(9月後半の燕岳は紅葉も美しかったです!)

 

 

9月前半には南アルプスのとある百名山に登る予定でしたが、

台風の直撃で中止となり、今年初の日本アルプスへの旅となりました。

険しい南アルプス登山に向けて、低山歩きもしっかりしていましたので、

燕岳はなんとか、へばらずに楽しく歩くことができました。

 

 

今回はクリスタルエンジェル71のkyokoさんと

友人夫婦の合計4名での登山となりました。

 

燕岳までは、東京から深夜バスで行き、山小屋で1泊して

下山という2泊3日の旅となりました。

普段は、どこの山でも人が少ない平日に出かけることが多いのですが、

燕岳へのバスが土日しか運行していないため、土日の日程となりました。

 

燕岳は北アルプスの山の中でも、とくに人気のある山ということは、

以前から知っていましたが、本当にびっくりするぐらいのたくさんの登山者の数でした。

 

都心からもアクセスが良くて山小屋も充実していて、

北アルプスの中では登りやすい山なので、

初めての日本アルプス登山に燕岳を選ばれる方も多いそうです。

 

そして、実際に登ってみて、なんで燕岳が

こんなに人気があるのか、よく理解できました!

 

 

 

 

燕岳

(トリケラトプスのような木の根っこ。かっちょいいですね)

 

 

登り始めは朝からお昼ぐらいまでずっと雨でした。

けっこう強い雨だったので、しっかりカッパを着込んでいざ出発!

 

 

燕岳

(漫画「山と食欲と私」のおにぎりポーズではありません笑)

 

 

写真でもわかる通り、雨で髪の毛もずぶ濡れ状態ですね。

道中、面白い形の岩もたくさんありました。

桃太郎が出てきそうな、岩の前で、桃ポーズ!

 

 

燕岳

(雨で写真が少しぼやけていますが、山はすっかり紅葉の季節でした)

 

 

 

燕岳

(午後からは晴れ間となり、気持ちの良い登山となりました)

 

 

2〜3時間歩いて、合戦小屋で軽く休んでから

しばらくすると、雨もやんできて、

カッパなしで歩けるようになりました。

 

同行した友人の旦那さんは登山が初めてとのことでしたが、

日頃からフルマラソンの大会などに出場されているとのことで、

山道の途中途中で「マラソンだと何キロ地点ぐらいの疲れ具合ですか?」

と聞くと、いつも驚くほど短い距離だったので、マラソンて

すごいんだな〜って、びっくりしていました。

 

 

燕岳

(雲のうえにある山小屋「燕山荘」)

 

 

そして、本日のお宿、燕山荘(えんざんそう)が見えてきました。

収容人数650人という、とても大きな山小屋です。

いままで泊まった山小屋の中でも料理が美味しい山小屋でした。

 

道中、女性の登山者が他の山に比べても、とても多かったのですが、

すごく納得でした。登山道は整備されていて登りやすく、山小屋もすごく綺麗。

ご飯も美味しい、景色は絶景!人気が出るのも当然です。

 

 

そして、燕山荘に到着してから、大きな荷物を置かせてもらい、

カメラ片手に燕山荘から往復1時間ほどの燕岳山頂へ!

 

燕山荘ではTシャツやお土産などがたくさん売っていて、

燕岳を登っていると、よく背中に「燕」と大きく書かれたTシャツを

着ている方が多いのですが、名物になっているみたいです。

雨で服がビシャビシャだったので、わたしも燕岳Tシャツと

燕タオルを買って、着替えてスッキリしてから燕岳山頂に向かいました!

 

 

燕岳

(標高2763メートルの燕岳!とにかく美しい!燕山荘方面から)

 

 

 

燕岳

(燕山荘から燕岳に向かう途中には有名なイルカ岩が!)

 

 

燕岳から戻る帰り道に写真を撮っていたら、

珍しい現象に遭遇しました。

なんと「ブロッケン現象」を生まれて

初めて生で見ることができました!

 

 

燕岳

(燕岳でブロッケン現象が見れました〜!ラッキー!)

 

 

 

燕岳

(燕岳からの日の出の風景。雲の上にいるのを実感しました)

 

 

次の日は、日の出を眺めてから、すぐに下山を開始しました。

大人気の山ですので登りも下りも混雑するため、

なるべく早めに出発することにしました。

 

 

燕岳

(北アルプスはコケやキノコがたくさん生えていました)

 

 

下山後もバスを待つ間に温泉に入り、さらに温泉施設でご飯を食べました。

山だと気にならないのですが、いざ下山すると、泥だらけで

汗臭い服のまま都心部に帰っていくと、ちょっと気がひけてしまうことも多々ありますが、

温泉で綺麗になって、お洋服も着替えられるので、

そういったところも、女性の登山者が多い理由のひとつかな〜と思いました。

山の楽しさや自然(特に今回はコケと紅葉)の美しさが

全てギュッと詰まった燕岳!本当に楽しかったです!

 

 

 

そして、10月に入ってからは、

南高尾への登山に行ってきました。

 

今年の8月にも陣馬山〜高尾山の縦走ルートに、

トレーニングのために行ってきたのですが、

人生で一番、厳しい登山となりました(涙)

 

陣馬山〜高尾山のルートは以前にも行ったことがあったのですが、

2018年の夏は、毎日35〜40度近くある、まさに地獄のような暑さでした。

その日も平地でも35度を超えていて、

低山の場合は、ほとんど平地と気温は変わらないため、

歩き始めて数時間で熱中症なのかハンガーノックなのか脱水症状なのか

分かりませんが、途中で、完全にグロッキー状態になってしまいました。

 

グロッキー状態になってから、灼熱地獄の中を10キロぐらいは歩いたので、

ただ身体が辛いだけで景色もなにも楽しめない苦行になりました。

低山だろうがなんだろうが、山は山。

途中で歩けなくなってしまっては、命に関わりますので、

本当に生きて帰れて良かったです!

 

 

そして、今回は大型台風の

直撃3日後の南高尾に行ってきました。

 

最近は、自然災害が猛威を振るっていて何百年に一度とか、

観測史上初とか、とんでもない災害が毎日のように起こっていますが、

2018年10月に東京に上陸した大型台風も、

人生で初めて味わうような、とんでもなく大きな台風でしたね。

 

 

南高尾

(木が地面ごと倒れていました)

 

 

台風直撃の3日後の南高尾の登山道も、あちこちで木が倒れていて、

中には迂回しないと先に進めないような箇所もあちこちにありました。

 

 

南高尾

(登山道を完全に塞いでしまった倒木)

 

 

高尾山

(高尾山の薬王院への参道でも大きな木が折れていました)

 

 

前にもまったく同じルートを歩いたことがあったのですが、

登山道の景色がまるで変わってしまっているような、

今回の台風の爪痕の凄まじさを体験してきました。

 

そして、前回の灼熱の陣馬山〜高尾山ぐらいの

キツイ状況も体験してしまいました(涙涙)

 

登り始めてしばらくして、右足首をおもいっきり挫いてしまい、

そこから10キロ以上の山道は、

とにかく一歩、歩くだけで痛い痛い状態でした。

 

普段は使わないストックを杖代わりに突いて、なんとか

命からがら下山できましたが、帰りの電車では、

駅の階段も痛すぎて降りられなくて、

手すりにつかまりながら、1歩ずつ降りました(泣)

 

8月の陣馬〜高尾山も今回の南高尾も油断していたわけではありませんが、

「登山は慣れてきたころが危ない」という教訓を身をもって体験しました。

「初心忘るべからず」で、今後も油断せずに、

山には真摯な気持ちを忘れずにいようと改めて思いました。

 

幸い病院でレントゲンを撮ってもらったところ、

骨には異常がなかったので、しばらくの間は足首のサポーターをしながら、

懲りずに次の登山の計画を楽しんで練っております。

 

 

南高尾

(新アイテム登場!山で食べるハム&チーズサンドは最高の美味しさです!)

 

 

みなさんも、安全第一で紅葉の山を楽しんでくださいね!

 

 

それでは、みなさん今日も

秋の紅葉を楽しみながら宇宙ボール!

 

 

(有)クリスタルエンジェル71のホームページ

ショールーム「リトルエンジェル71」のホームページ

 

クリスタルエンジェル71のネットショップ


 

 

 

 

カテゴリ:登山・トレッキング | 21:15 | comments(0) | -
| 1/11PAGES | >>