<< 植物も元気になる!?クリスタルバブルミュージックのご感想の巻! | main | いまくんの「まじかるわんだ〜らんど宣言」の巻! >>
「共存共栄:命の重みはみな同じ」のご紹介の巻!


みなさん、こんにちは!
わたくしの知り合いのラルフ犬一。さんが、

電子書籍「共存共栄:命の重みはみな同じ」
をこのたび出版されました!


共存共栄

★アマゾンの「共存共栄:命の重みはみな同じ」のページ


ラルフ犬一。さん(もちろんペンネームです)は、
神奈川県にあるトリミングサロン「ラルフランド」という
犬の美容院を経営されています。独自に開発した
犬に負担をかけないトリミング法をプロのトリマーさんに、
全国での講演活動などを通じて発信されています。

犬一。さんとは知人を通して知り合い、
うちのショップにも何度か遊びにいらしてもらっています。

犬一。(けんいち)さんと街を歩くと、
普段、何気なく歩いていると気づかないような、
小さな生命の営みを発見します。
コンクリートやアスファルトだらけの都会でも、
ふと目をこらすと、そこには小さな生命の営みがみつかります。
犬一。さんは子どものような純粋な目で
生命を讃えてしばし足を止めます。
すべての生命に対して、深い愛情を持っている方です。


犬の美容院経営のかたわら、動物愛護センターや
管理所でのシャンプーボランディアの活動から
殺処分ゼロに近づけるべく啓蒙活動をされています。


この作品「共存共栄:命の重みはみな同じ」は
犬の殺処分をボランティア活動を通して、
実際にみてきた人からの大切なメッセージです。


フィクションではなく、ノンフィクションですので、
重たい描写もあります。でも多くの人が
現実を知らなければ、殺処分はなくなりません。
この本を多くの方に読んでいただきたい理由のひとつは、

犬一。さんの文章には、
憎しみや憎悪はひとかけらもありません。


タイトルのとおり人間と動物(本書では犬がメインです)
「共存共栄」をしていくには、これから、どうすればよいのか、
1ページ1ページに彼の持つ生命への優しさが
貫かれて書かれています。

「共存共栄」という考え方は、殺処分を実際に行う
現場の職員さんに対しても作者はまったく同じ視点です。
職員さんのだれひとりとして、殺処分をしたいと
思っている人はいません。本当に辛い立場で仕事を
されていることを、相手の立場から、ちゃんと考えて
理解しています。それが、真の意味での「共存共栄」。

戦争や殺人やテロも相手の立場や環境を考えないで、
ただ自分の意見や自分の利益、自分の宗教だけが正義という、
愛もへったくれもなにもない、自分だけがよければ、
それでよいという偏った考え方から起こります。


作者の犬一。さんから、
「この本を多くの方が読まれることにより、
幸せな世の中になるのではと思い書き上げました。」

というご連絡をいただきました。

わたしは作者のお人柄や人格を知っていますので言えますが、
綺麗事や口先だけで、書かれた文章ではありません。
生命に対する深い尊敬とでっかい愛情によって、書かれた良書です。


表紙の写真のわんちゃんは、千葉の愛護センターから、
引き取られて、今はお星さまとなりましたが、
幸せに暮らした空男くんですとのことです。


こういった活動を通して、救われる命も
たくさんあることを知っていただければ幸いです。

多くの方に読んで欲しいとの思いから、値段も250円に
設定されたそうですので、ぜひご一読くださればと思います。
とってもやさしい気持ちになれると思います。

★アマゾンの「共存共栄:命の重みはみな同じ」のページ
 

 

 

 

(有)クリスタルエンジェル71のホームページ

ショールーム「リトルエンジェル71」のホームページ

 

クリスタルエンジェル71のネットショップ


 

カテゴリ:読書・映画・音楽紹介 | 11:28 | comments(2) | -
コメント
犬一さん、コメントありがとうございます。
わたしもご著書を読んでいる間、
すてきな時間を過ごさせていただきました。
多くの方に、ぜひ読んでもらいたいですね!
お店にもまた遊びに来てくださいね。感謝感謝です!
| いまくん | 2016/03/16 9:40 PM |
ご紹介ありがとうございます!

世の中が平和になるための、
みなさんの持っている母性に感じて頂けたらと思い書き上げました。

ご購読よろしくお願いいたします。

著者ラルフ犬一。
| ラルフ犬一。 | 2016/03/06 12:36 PM |
コメントする