<< 2016年8月のクリスタルのアップ情報の巻 | main | いよいよ来週!「第2回コズミックフェスタin国立」のブース紹介の巻 >>
「マインドスパ活用講座・メンタルトレーニング編」体験レポートの巻!


みなさん、こんにちは!いまくんです。
大型台風がまた上陸しそうですね。8月ももうすぐ終わり、

秋の気配が近づくきょうこのごろですね。

わたしも9月からのイベント準備を始めたところです。

 

 

まず9月最初のイベントは当社主催の楽しいイベント
「第2回コズミック・フェスタin国立」
2016年9月10日(土)9月11日(日)

 

コズミックフェスタin国立1

(コズミック・フェスタin国立のリトルエンジェル71の出展風景です)

 

超おすすめの楽しいブースが盛りだくさんの2日間です!
和気あいあいとした雰囲気で開催していますので、
みなさま、お誘い合わせの上、ぜひ遊びにいらしてくださいね!

★「第2回コズミック・フェスタin国立」のご案内

 

 


そして、2016年後半に開催予定の
「第15回ノイズ瞑想体験会」
「新しき宇宙サウンドによる瞑想体験!」

 

波動スピーカー

(ノイズ瞑想体験会でも、いつも大活躍!波動スピーカーです)

 

 

おかげさまで今回で第15回目を迎えるノイズ瞑想体験会。
毎回テーマを変えて楽しく山田剛さんと共催しています。
今回の前半のわたしのパートでは、いま構想中の、

次回の作品に収録予定の音楽「ユニバース・メモリー」

を使ったワークを本邦初公開させていただきたいと思っています。


そして、後半のパートではノイズ瞑想開発者であり、日本における

HRTサウンドセッションのパイオニアの山田剛さんのパートです。

今回、HRTという音声分析サウンドを使っての瞑想ワークを予定しています。

近日中にブログでも第15回ノイズ瞑想会についての
詳しい内容をお伝えさせていただきます!

 

★「第15回ノイズ瞑想体験会」のご案内ページ

 

 

 

 

きのう、山田剛さんの講座が日本橋で開催されました!
「マインドスパ活用講座メンタルトレーニング編」です。

 

★「マインドスパ活用講座」のホームページ

 

 

「宇宙ボールサウンドメディテーション」(VOICE刊)
の第5章でホワイトノイズサウンド理論について
山田剛さんのロングインタビューを掲載していますので、
宇宙ボールをすでにお読みの方は、知っていると思いますが、

山田剛さんは日本一の瞑想家の故・山田孝男氏の甥にあたり、
幼少のころから瞑想指導を受けていた人物です。

 

そして、山田孝男氏が設立された(株)エムエムエイトを

現在、引き継いで代表を務めています。
「ブレインマシーン」は山田孝男氏もおすすめされていました。

 

 

マインドスパ

(こちらがブレインマシーンの最上位機種のマインドスパ!)

 

「マインドスパ」というのは「ブレインマシーン」という
ジャンルの最上位機種にあたるお役立ちマシーンです。

山田剛さんは「ブレインマシーン」についても日本における第一人者です。

 

「マインドスパ」は当社でも長年、お取り扱いさせていただき
たくさんのご縁をいただいてきました。「マインドスパ」を一言でいうと

「光と音で脳波を調整するマシーン」です。

 

★当社の「マインドスパ」についてのご紹介ページ

 

 

 

マインドスパ

(LEDのゴーグルとヘッドフォンで脳波を調整します)

 

そのマインドスパの活用講座に参加してきた次第です。
今回、長時間の講座で、ノートも10枚分ぐらいになっていますので、

全部はご紹介しきれませんが、とても実践的な講座でした。

 

 

今回一番ためになったのは、マインドスパを使って

「ピークパフォーマンス」を目指す!
ピークパフォーマンスというのは「ZONE状態」、
「フロー状態」とも呼ばれる、すごい集中した状態です。

 

スポーツでいうと、ボクシングで相手のパンチがゆっくり見えたり、
野球だとボールが止まって見えるという状態ですね。

 

わたしの体験でいうと、この「ZONE状態」
子どものときに何度も体験したことがあります。

それは「LEGO(R)」のブロック遊びで、
お城シリーズや宇宙ステーションシリーズを
組み立てていたときに、完全にその状態を体験していました。

 

めちゃくちゃ楽しいの究極にいる感覚を味わいながら
完全にLEGOの世界と自分が一体化しているのだけれど、
自分がどういう動きや考えでLEGOの世界を組み立てているのかも
完全に意識は把握しつつ、それでも100パーセント
夢中になっているという感覚です。

 

LEGOでなくても、絵を描いていたり、文章を書いていたり、
読書をしていたり、映画を観たり、ジグソーパズルをしたり、

もちろん仕事や運動でもそうですが、楽しく集中している究極の感覚。
 

楽しみながら100パーセントの集中状態を維持して
夢中になっていることが、日常でもたまにあると思います。

瞑想をしているときも「あ〜いまZONEに入った」
という感覚は、続けていると分かるかと思います。
宇宙ボールの書籍では対戦格闘ゲームの話を例に「ZONE状態」への

もっていき方をご紹介していますので、ご参照いただければと思います。

 

 

オラクルサウンドCD

(山田剛氏監修のオラクルサウンドCD、超名盤です!)

 


この「ZONE状態」=「ピークパフォーマンス」を
得るには、マインドスパのワークでいうと、
「シータ波セッション」
のプログラムが適しているそうです。

 

さらにマインドスパ活用ワークでは、
「イメージ+シータ波」という成功に向けての

イメージ化を五感を使ってイメージで体感する、または

すでに体験済という状態を作り出すことができます。

 

マインドスパ

(マインドスパは横になりながらでも活用できます)

 

 

また、その状態に持っていきやすくなる方法というのも
山田剛さんは理論だけではなく、丁寧に体験セッションを

交えて説明してくださいました。


人の講座の内容をベラベラしゃべるわけにもいかないのですが、
なにもお伝えしなければ、良さもぜんぜん伝わらないわけで、
難しいところなのですが、話せる範囲でお伝えしますと
瞑想やヒーリングでもそうですが
「セッティング」=「環境作り」
というのが大切になります。


まずはリラックスというのは、どんなエネルギーワークにも
共通していると思います。

 

今回の「マインドスパ活用講座」で目からウロコだったのが、
セッションを始める前に、逆に「ストレス」を擬似体験してから、
リラックス状態に持っていくというワークでした。

 

わたしの場合の最近のストレスフルな出来事は、
最近買ったばかりの自分の車を壁に

コスってしまうというアクシデントがありました(涙)

 

そのときのストレスフルな状態をわざと思い出して擬似体験しました。

人から見れば笑い話なのでしょうが、コスってしまった本人に
とっては、けっこうショックな出来事です。

 

「買ったばかりのピカピカボディがこんなことに〜」
「修理代、けっこうな額かかっちゃったよ〜」
「日本の道路は狭すぎるんだよ〜」
「あのときこの道を通らなければ〜」
などなど、いろいろ怒りや恐怖、後悔の感情がでてきます。

 

そういった負の感情は日常ではなるべく早く忘れて
避けて通って生きていこうとしますが、
そういったストレスフルを逆に利用して、
イメージで擬似体験することによって、

また起きていないことなどにもイメージを応用して、

想定して体験することで、アクシデントが実際に現実で起きたときに、
ブレが少なくなるようになっていき、ブレの少ない自分を作る。

 

すると、アクシデントが起きてもブレにくい、
つまりは本番に強い自分になっていくという、
メンタルトレーニング法になるわけです。


マインドスパ活用講座では、山田剛さんの

わかりやすい誘導を受けながら体験することができます。

 

 

そして、それらのワークを日常で使いこなせるように
「アンカリング・ワーク」というのを最後に実習しました。

これもめちゃくちゃ使える技術です。

 

今回、すごく良かったな〜と思ったのは、理論だけではなく、

それを実際にワークで完全に体験できたという点です。

理論を頭に詰め込んでも、実体験がなければ、

単なる理屈だけになってしまい意味がありません。

 

逆にワークだけでも、なんでそうなるのかが

腑に落ちていない場合、人はただ

「これをやればいい」と言われても、

「なぜ?」の理解不足があると長続きしないからです。

その理論と実践のふたつのバランスが絶妙で、

とてもいい講座だな〜と思いました。

 

「マインドスパ活用講座」とってもおすすめの講座です!

山田剛さんは、オリンピック選手やプロ野球の球団への

メンタルトレーニングの実績もある方です。ですので、

本当に効果が出る方法を知っていますし、

それを惜しみなくお伝えしてくれています。

 

マインドスパ活用講座は定期的に開催されていますので、

マインドスパユーザーの方はぜひご参加されてくださいね〜!

 

★「マインドスパ活用講座」のホームページ

 

 

 

 

 

(有)クリスタルエンジェル71のホームページ

ショールーム「リトルエンジェル71」のホームページ

 

クリスタルエンジェル71のネットショップ


 

 

 

カテゴリ:ヒーリング・ワークショップ | 12:27 | comments(0) | -
コメント
コメントする