<< 羽田空港までサイクリング!の巻 | main | 青梅の御岳山に登山してきました!の巻 >>
バカにつける薬の巻


みなさん、こんにちは!いまくんこと「いまたろう」です。
ゴールデンウィークには楽しい旅の思い出を、
たくさん作られた方も多いと思います。

 

さて、そんな楽しい思い出を作りたいときに、

気をつけないといけないのが事故ですね。
今日はそんなお話です。

 

 

私も安全運転を常に心掛けておりますが、
2か月ほど前に車を擦られてしまいました。

 

幸いお互いに怪我もなく、車に擦り傷と

軽いへこみができたぐらいでした。

 

狭い道で、すれ違いのときに擦られてしまい、
一応、警察を呼んで、あとはお互いの保険会社同士の
話し合いという感じでその場は終わりました。

 

以前、バイクに乗っていたときに、

後ろから衝突されて、5メートルぐらい吹っ飛んで、

さらにひき逃げ(当て逃げ)をされて、
半年に及ぶ治療費からバイクの修理代など、

すべて自腹という、大変な目にあったことのある私ですので、
相手が逃げずにちゃんと停まってくれただけでも、良かったです。

(事故は自分の保険ではなく相手の保険になるため、

ひき逃げの場合は自腹になります)

 

 

しかし、それからが、もうめっちゃ大変でした。

こちらは、すれ違い時に完全に停車している状態で、
相手がすり抜けていくときに、擦られただけなのですが、

次の日に、相手の保険会社から連絡がきて、
高圧的な口調で、相手のなんとかさんは、
お互いが動きながらぶつかったそうなので、
「5・5で持ち別れということにしたいと言っています」
ということで「こちらは停まっていましたよ」というと、
話が違うんじゃないですかみたいなことを言ってきました。

 

相手の保険会社の担当者が、ありえないぐらい
荒々しい口調の人で、人として

完全に常軌を逸している印象でした。

 

なので、もう私は話をしたくないので、
それからは保険会社同士で話しあってもらい、
直接、話をしないようにしていました。

 

そのあと、だいぶ経ってから、
今度は相手の車がすり抜けている最中に、
こちらが動いてお互いがぶつかったと
先方が言っているということになってきました。

 

現場を確認すると分かるのですが、
こちらが停車した位置の前方は
カーブになっていて、こちらが動いたら、
壁に激突するしかない場所なので、
実際問題として、こちらが動ける場所ではないのを
現場検証して分かったらしく、主張を変えてきたようです。

 

他にも車の当たった箇所なども、

コロコロと主張が変わってきました。


そこで、らちがあかないと思い、

相手の保険会社のオラオラ口調の

担当者に直接こちらから連絡したのですが、
そもそもめちゃくちゃな主張を通してくる
相手ですので、まるで話になりません。

 

あまりにひどい高圧的な態度と口調に嫌気がさしまして、
その担当者の上司の方に電話を通してもらい、
「どういう口の聞き方で対応されているんですか?」
とお伝えしました。

 

私はもう今後お話しをしませんが、

こちらの保険会社の担当者が女性の方なので、
ああいう口のきき方をされたら、男性でも怖いので、
女性はさらに恐怖ですので、絶対に直してくださいとお伝えしました。

 

多分そんな電話は何十回も受けている上司の方は、
その時は、指導しますと言っていましたが、
その後、こちらの女性の担当者に話を聞くと、
全然直っていないらしく「大変です」とのことでした。
本当に申し訳ない仕事をしてもらって、すいませんと私からも何度も謝りました。

 


結局、お互いの車にドライブレコーダーがついていなかったので、
こちらが停まっていましたと言っても、当たっている
傷口から証明ができる箇所に擦られていないということで、
相手の支離滅裂な主張を跳ね返すことができませんでした。

 

というより「この状況でどう動けるのか教えてください」

というと相手の保険会社は「分かりません」と言いますので
「動けない場所なのにどう動くんですか?」と問い詰めると
「相手の方がそうおっしゃっているので」という、
理屈も筋も科学的根拠もまるでない、アホみたいな回答でした。

 


相手の保険会社の名前は出しませんが、
損保エキゾチック(仮名、郷ひろみ)という

ネット通販型の車の保険会社でした。
(30代〜40代の車の保険料がどうとか

テレビで大々的にCMしている会社です)

 

ネット通販型の保険は対応が悪いという話は、
以前からたくさん聞いてはいましたが、
実際に自分が対応されたら、本当に悪質でした。

 

結局、ネット通販型の自動車保険は、
まともな会社の保険料の半分ぐらいの値段ですので、
経費削減で人員もあまりいないみたいで、
2か月経っても何も進みませんでしたし、まさに
安かろう悪かろうを絵に描いたような感じでした。
保険料が安いのには、ちゃんと理由があります!

 


話が長くなりましたが、今回のアクシデントを
きっかけにドライブレコーダーを導入いたしました。

 

車のディーラーさんが言っていましたが、
以前はドライブレコーダーをつける人は
5割程度だったそうですが、最近は

8割近くの方が新車購入時につけるそうです。

 

事故の時も、昔はそんなに嘘をつくような人も
少なかったそうですが、今は平気で嘘をつく人間も
たくさんいるので、

 

ドライブレコーダーは
「自分の身を守るために」つけるそうです。

 

 

世の中、そういう嘘をつく人がいるのも、仕方がないのですが、
いざ事故になっても相手の保険会社が、そんな感じの会社だと、

もう目も当てられません。

 

安いからという理由だけで悪質な保険会社と契約されると
(ネット通販型でも、いい保険屋さんはあると思いますが)
事故をもらった場合、被害を受けた人は

相手側の保険屋さんとの交渉となるので、

被害者は、さらにひどい目にあいます。

 

安いだけのところは自分は安くていいのだろうけど、
事故をされた方は、まさに弱り目にたたり目です。

悪質な保険会社は、偽証やデタラメな主張でも
証拠がないと言って、当たり前のように主張を通してきますので、
ドライブレコーダーは、これからの時代には本当に必須です。


この話をすでに、いろんな人にしましたが、
病院でリハビリ関係のお仕事をされている方も、
「損保エキゾチック(仮名)、うちも経理がもめていますよ」とのこと。


交通事故でリハビリに来ている方の相手の保険会社が
そうだったみたいで、病院側に支払いをしなくて、

揉めているとのことでした。あちこちで同じことを

やっているんだと思います。

 

そういった悪質な企業体質の保険会社が、
テレビで大々的に宣伝しまくっているのは、
いかがなものかと思います。

 

というより、口コミで「あそこいいよ」とは、

誰も言わない会社でしょうから、何も知らない人に、

テレビでたくさんCMしているから大丈夫だろうと
思わせるしかないのだと思います。


ここ最近の事件でも、政治家や公務員でさえも
偽証しまくって、なんとか委員というのを設置して
嘘をついたら罪に問えるという方法で
証言をさせなければいけない世の中です。
(それでも嘘をつきますし)

 


今回、車をぶつけられて、泣き寝入りという形をとらざるを
得ない状況となりましたが、それでも私は筋は通して、
人生を生きていきたいと思います。

 

事故の時はぶつけてきた相手の方はご家族も乗っていらしたので、
本当はどうだったのか、ご家族も十分に分かっているはずです。
奥さんや子供からは、嘘つき野郎のレッテルを貼られてでも、
それでも数万円のために嘘をつき通す。人としてダサすぎです。

 

そういった行動を見て、私はそこまでして、
数万円を守りたいとは決して思いません。
人間だから、だれでもミスをしますし、日本の狭い道なら、
すれ違いで擦ってしまっても仕方のないことです。

 


善人にも悪人にも平等にトラブルは必ず起こります。
でも、起きてしまったトラブルに対して、
人としてどう対処していくか?
 

ここで本当の人間性が顕れてきます。

人生の調子がいいときは善人でも悪人でも

いい行動が取れます。だって、調子がいいんですからね。
でもトラブルや状況が悪いときにこそ、

その人の人間性が顕れてくるんです。

 


今回、私は泣き寝入りという形を取りましたが、
それで良かったと思います。

 

こちらの保険の担当者にも色々お話を聞きましたが、

相手が認めない場合、半年、一年以上かかることも

よくあることらしく、結局、裁判をしても

ダメということも普通だそうです。


悪質なネット通販型保険会社と半年、

一年も嫌な思いをし続けて交渉をして、
結局、直せたとしても、それにかかる時間や

労力の方が、その何十倍も大変になります。

 

ぶつけた方は、払わなくてラッキーで済むだけの話でしょうけれど、
ぶつけられた側は、現状回復をできても、現状を回復するだけで
1円にもならないのに、悪質なネット通販型の保険会社と、
ずっと交渉をし続けなければならなくなります。

 

 

バカにつける薬はありません。
でも、宇宙は公平な判断を必ずくだします。


世の中には理不尽なこと、

正義が通用しないこと、たくさんあります。

 

そういった時に、相手を懲らしめてやろうと

相手と波長をいつまでも合わせていると、

自分も同じような感情に囚われてしまいます。

 

そういった相手に周波数を合わせていると
自分の心も一緒に腐っていってしまいます。

 

 

人間の脳は一日に6万回以上の思考をしているそうですが、
その6万回のうちの1割でも、そんな思考を続けていたら、
一日に6000回、それが半年、一年と続いてしまうと、
とてつもない回数になってしまいます。


なので、ある程度は自分が寛容になって諦めることで、
そういった低いレベルの思考に周波数を合わせることを防げます。


ですので、そういった悪や理不尽に対して、
徹底的に戦うのではなく、自分が寛容になって、ときには

諦めることも生きていく中では必要なんだな〜と思いました。

 

でも宇宙はどんな時でも公平なので、
そういった企業は、そのうち立ち行かなくなっていくと思います。

それまでは、テレビで損保エキゾチックのCMを見るたびに
怒りが出てきてしまうかもしれませんが(笑)

 

 

毎日、明るく楽しく過ごすためには、
自分の正義だけをひたすら主張するのではなく、
さまざまな考え方や状態の人がいることを理解して、

寛容の精神を持って生きていくのも

大切だな〜とつくづく実感しました。

 

 

事故はどんなに気をつけて安全運転をしていても、
もらっちゃうこともあります。
とにかく、今回の教訓は、車を運転する人は、

絶対にドライブレコーダーを付けましょう!

 

 

また、最近、自転車に乗る機会が多くなってきましたので、

今回のトラブルを機に、当てられても、

無制限の自転車用の保険にも入りました。

 

以前は、自分が人に当てたときの

無制限の自転車用の保険には入っていましたが、
自分がやられて逃げられる可能性もあります。

自転車でも重大事故になることも多いのです。

 

そして、いつ自分が加害者になるかもしれない可能性も
常にありますので、きちんとした会社の保険に入ることが、

それが人に対する優しさでもあり
公道を走らせてもらう責任でもあると思います。

 

 

どんな状況に自分が置かれても人に優しくできる人。
そんな人に私はなりたいな〜と改めて思いました。

 


それでは、今日もみなさん、美しき心で宇宙ボール!

 

 

 

(有)クリスタルエンジェル71のホームページ

ショールーム「リトルエンジェル71」のホームページ

 

クリスタルエンジェル71のネットショップ


 

 

カテゴリ:ドライブ日記 | 11:33 | comments(0) | -
コメント
コメントする