<< 「第4回コズミックフェスタin国立」体験レポートの巻 | main | 北アルプス縦走登山に行ってきました(後編)の巻! >>
北アルプス縦走登山に行ってきました(前編)の巻!

 

みなさん、こんにちは!いまくんこと「いまたろう」です。

2017年9月24日〜29日までお休みをいただき、

北アルプスまで4泊5日の縦走登山に行ってまいりました。

 

9月の私のお誕生日にいまたろうケーキを食べて、

のほほんとお祝いしてから、今年から始めた

登山の総決算ともいうべき長い旅路に着きました。

 

 

いまたろうケーキ

(大好きなユーハイムのいまたろうショートケーキ)

 

 

今回は北アルプスの裏銀座コースと呼ばれる縦走ルートを

kyokoさんと私のクリスタルエンジェル71隊と

山岳ガイドさんをお願いしての登山となりました。

 

会社設立からクリスタルとともに11年。

今回の旅の大きな目的のひとつは、

深田久弥氏の選定した日本百名山にも入る

2986メートル「水晶岳(黒岳)」登頂です。

その名の通り、水晶が有名な百名山です。

 

 

新宿バスタ

(新宿バスタからは日本アルプスへの登山バスもたくさん出ています)

 

 

初日は、新宿から登山バスで長野県の信濃大町駅まで

バスで4時間半ほどで行き、信濃大町にて

山岳ガイドさんと合流して、高瀬ダム登山口に近い、

七倉山荘までタクシーで行きました。

 

 

信濃大町

(信濃大町駅でガイドさんと合流!気持ちの良い秋の快晴でした!)

 

 

七倉山荘

(七倉山荘。露天温泉もあり、最高に綺麗なお宿でした)

 

 

七倉山荘

(夕食は川のせせらぎを聴きながらバーベキューでした)

 

 

ガイドさんは、私と同い年ぐらいで、とっても優しい好青年でした!

5日間も24時間、ずっと一緒にいますので、

相性の良いガイドさんに出逢えて本当に良かったです!

 

初日は、東京からの移動だけで7時間ほどの行程で終了しました。

水洗トイレや温泉、バーベキューなど下界の贅沢は、

ここまでで、次の日からの4日間は、お風呂も着替えも

ない環境となりますので、たっぷりと休養して、

次の日からの北アルプス登山に備えました。

 

 

 

高瀬ダム

(黒部地方の高瀬ダム。かなり寒かったです)

 

 

次の日は朝4時前に起きて、七倉山荘にて早朝の露天温泉も楽しんで、

朝食を食べてから、朝5時過ぎにタクシーで高瀬ダム登山口付近まで

運んでもらいました。

 

 

高瀬ダム登山口

(高瀬ダム登山口までは、ひたすら砂利道を進んで行きます)

 

 

高瀬ダム登山口

(北アルプス裏銀座登坂口に到着!)

 

 

北アルプス裏銀座ルートへの最初の一歩!

高瀬ダム登山口に到着です。

ここからブナ立尾根までの長い長い登りが、

今回の全行程で一番きついルートでした(汗)

 

なんでも、日本でも三本の指に入るほどの

登りのきつい坂とのことで、

初日が一番きついルートになりました。

 

 

高瀬ダム登山口

(初日は快晴でした!気持ちよすぎです)

 

 

登り坂はひたすらきつかったですが、尾根に出れば

こんなに美しい山々の風景が広がってきます。

 

 

高瀬ダム

(先ほどの高瀬ダムが遠くに見えます。登った登った〜)

 

 

そして、烏帽子小屋〜三ツ岳を超えて、本日のお宿の

野口五郎小屋まで到着しました。

 

ここまでの標準コースタイムは休憩を含まずで約9時間ぐらいの道程です。

今回のガイドさんがとても優秀で、道中はのんびりと歩く代わりに、

休憩をわざと少なめにして調整をしてくれていたそうです。

早く歩いて疲れて途中で長く休むと、そこで

登山エンジンが冷えるため、結局は、より疲れるとのことで、

のんびり歩きで短め休憩の歩き方で、休憩を含んでも

標準コースタイムよりも1時間ぐらい早く着いたそうです。

 

 

今回、9月の後半の縦走登山のため、

すでに途中の山小屋が閉まっていたりで、

多少、変則的なルートとなり、

初日が一番長くきついルートとなりました。

 

 

野口五郎小屋

(野口五郎小屋まであと数歩。前を歩くガイドさんとkyokoさんの風景)

 

 

次の日は野口五郎小屋から野口五郎岳を登って、

いよいよ憧れの「水晶岳」へと向かいます。

 

今回の裏銀座縦走で、密かに楽しみにしていたのは

やはり「野口五郎岳」

 

名前が印象的すぎる山です。

山の本を読んでいても一番気になる山の名前でした。

 

俳優の野口五郎さんは、こちらの山から

お名前を取ったそうです。

 

もうひとつ黒部五郎岳という山もあって、野口五郎か

黒部五郎かの選択肢があって、野口五郎岳の方が

大きいからということで、野口五郎という芸名に

なったというような、お話を聞きました。

 

野口五郎小屋は、小屋のご主人と奥様、

息子様で運営されているそうで、

ちょうど次の日から小屋閉めで、最終日に

ギリギリ泊まることができました。

 

野口五郎小屋のご主人やご家族は、

とても優しい笑顔が超ステキな方でした。

まさに「昔ながらの山小屋」という感じの野口五郎小屋。

今回の裏銀座縦走で一番印象に残った山小屋でした。

 

 

ここまでが2日間の道程で、3日目の次の日は

いよいよ憧れの「水晶岳」に出発です。

では、次回、後編に続くの巻。

 

★北アルプス縦走登山の後編はこちら

 

 

 

それでは、みなさん今日も元気に

北アルプスでも宇宙ボール!

 

 

(有)クリスタルエンジェル71のホームページ

ショールーム「リトルエンジェル71」のホームページ

 

クリスタルエンジェル71のネットショップ


 

 

 

 

カテゴリ:登山・トレッキング | 11:39 | comments(0) | -
コメント
コメントする